【本郷三丁目】おおさわ

丁寧な仕事に、うんまい料理たち。そして、穏やかな接客に身を委ねませう。

うんまい魚料理に、合わせるのは日本酒。そのシンプルな構成で満足度が高めにまとまる1軒です。本郷通りを挟んで、東京大学の反対側。ただ、メイン通りに面してはおらず、細道をちょっと入ったところに、ひっそりと。

こじんまりとしたお店なのですが、 そこが逆に良かったりもして、 まったり落ち着いて呑める点が気に入っております。 味付けがもろに好みであることが 前提にはなるのですが。

では、はじめていきませう。

華鳩 特別純米酒 瓶囲い(グラス)@280円

開幕から日本酒です。広島より、ひやおろし。「とりあえず生!」なんていうセオリーは、ボクにはありません(笑)ふくよかな旨味。そして、スッキリとした余韻。 本当に飲みやすい……これはヤバイやつだ。

お通し

煮物の味付けはやはりいい塩梅。もう少し季節が進んだら、また【銀ダラの煮付け】をいただかねばなりません。

お刺身盛り合わせ(1人前)@1,000円〜

ようやく対面叶った、こちらのお刺身。 そのパフォーマンスが誠に良好でした。

ネタは3種。 環八に、平目、真鯛ときます。 いずれも提供温度がバッチリでした。ねっとりくる食感。 噛み締めれば、じんわり滲む旨味。 個性は明確に切り分けられ、 交互に食べ進める過程は楽しいばかりです。

別アングルで、手前は環八。歯に絡みついてくる感じが、実に良きパフォーマンスでした。

銀ダラ西京焼き@580円

こちらの看板メニューは【銀ダラの煮付け】なのですが、この日はどうしても“焼き”をいただきたくって。提供までの時間はそれなりに掛かる訳ですが、 その分安心クオリティにてご提供いただけます。

甘じょっぱさはくどすぎず、あくまでお上品に纏まっています。否応無く酒が進みますね。

豚バラのチャーシュー春巻@520円

最後に、ちょっとした創作系を。豚バラをマルッと春巻きの皮に包んじゃうなんて、潔くもありますね。

カメラ寄ってみます。厚めにカットされたチャーシューに、 それにへばりつくような大葉。 一瞬さっぱりと爽やかな風が吹きますが、 怒涛の旨味汁。 脂がおいしいですね。 そして、甘めな味噌ダレを添えるのが良き。辛子ももちろん合いますよ。

そして、もちろん酒でも良いのですが、 白メシとの相性がきっと抜群ではないかと。

ごちそうさまでした..!

やはり高い満足度でした。これまで生・焼・煮・揚といただき、 致命的な死角がないことを確認できた次第です。そして、ひとりまったりできる雰囲気。定期的にお世話になりたいと、素直に思える夜となりました。

▼メニュー

今回で3度目の訪問になるのですが、本当に迷ってしまいます……。このクオリティなら、価格はかなり良心的な印象を思っています。

日本酒メニュー。料金がグラスです。この他にも5〜6種類、合計10種弱がラインナップしています。
今回で3度目の訪問になるのですが、お料理については本当に迷ってしまいます……。 さらに、このクオリティなら、価格はかなり良心的な印象を思ってしまうんですよね。
レギュラーメニューももちろんあるのですが、やはり時期によって少しずつ変わりますから、定期的に足を運ばねばです。

▼シチュエーション

  • ソロで夕食
  • 平日18:10頃に訪問
  • 待ち時間ゼロで、カウンター奥の席へ

▼アドレス

〒113-0033 東京都文京区本郷5丁目28−5

▼関連サイト

おすすめ記事