オールドレンズ カフェ・喫茶 モーニング 東京都

【浅草】ホッピー通りの、オシャレな北欧カフェ『フグレン ASAKUSA』│オールドレンズと食べ歩き

asakusa_fuglen

雷門からホッピー通りを進んでいくと、さりげなく姿を表します──北欧ノルウェーはオスロ発のカフェ。本店の創業は1963年のことだそうで、大変な老舗ですね。

なお、ここ浅草の店舗は、日本での2号店。日本上陸1号店は『代々木公園』の近くに在るみたいです。

asakusa_fuglen

ちなみに、店名の『フグレン』とは、ノルウェー語で「鳥」って意味だそう。お店のロゴにも、たしかに鳥(オスロの港で見かける、世界最長距離を飛ぶ「アジサシ」という渡り鳥だそうです)の絵が描かれています。

メニューについて

訪問2回目となる今回も、平日午前中。素直にオシャレな印象を受ける店内は、地上2階の2フロア構成。店員さんの気さくな接客に、軽快に耳に触れるBGM。ボクには充分な居心地の良さを感じた次第です。

さて、オーダーは1Fレジにて。

asakusa_fuglen

モーニングメニューは無いようですが、おいしいフード&ドリンクをいただけます。

ノルウェー式のワッフルを押さえつつ、美味な珈琲をぜひお供に。

ちなみに、珈琲豆のバリエーションは6種確認できました。少なくとも。

いただいたもの

◎NORWIGIAN WAFFLE@税込670円

1/200s * ISO 320 * f2.8

ノルウェー式ワッフルには、3種のトッピング ── ブラウンチーズ、サワークリーム、自家製ベリージャム──これらが、本場ノルウェーではオーソドックスなんでしょうね。

「ブラウンチーズ」がまさに!なんですよね。現地では山羊のミルクを使ったものが一般的なんだそうです。

1/200s * ISO 320 * f2.8

ワッフル生地は、思った以上にモチッと食感。外周はもしかしたらサクッとしてたかもですが……自分が知っているベルギー式とは違って、とにかくモチモチな印象が強く残ります。

(正直好みが分かれるかも?)

そして、生地自体の味の主張がそこまで強くない分、トッピングたちのおかげで、だいぶ化けるのかなと。チーズで塩気&コクが増し、こってりと。自家製ベリージャムはピュアな酸味を。各々を漬けるバランスによっても、味変の幅は広がりますね。

◎コールドブリュー@税込640円

asakusa_fuglen
1/200s * ISO 320 * f2.8

豆は「ケニア」とのことでした。円みのある口あたり。軽い酸味に、クリアな喉越し。ワッフルとの相性も良好に感じました。

ちなみに、前回いただいたコーヒーも、たしか「ケニア」でした(確率高めなのかな..?)

撮影機材

Nikon Z6II × AI Nikkor 50mm f/1.2S

AI NIkkor 50mm F/1.2S

「最短撮影距離50cm」と距離は、テーブルフォトにはデメリットに働くこともありますが、、どうにも使いたくなってしまう魅力あり──

「魔性のレンズ」とでも言いましょうか。

まあ、そこそこ普通に撮ろうとするとこんな感じに。

1/200s * ISO 320 * f2.8

で、開放で撮ると……

1/400s * ISO 100 * f1.2

周りがズワァ〜ッとトロけていきますw

もう絵としてどうなんだって感じですが……まぁ〜おいしそうには見えてこない(苦笑)

絞った時とのギャップが堪りません。

正直、ギャップ萌えというやつです。

ついでに、モノクロでも撮ってみました。

1/200s * ISO 320 * f2.8

・・・う、、うん、やっぱり食べ物は色があった方が良いですねw

訪問時期&利用シーン

・2022年4月。平日10:26頃訪問

・ソロで朝食

・前の方のオーダー終了を待って、オーダー

・フロア1Fの窓際カウンター席へ

MAP

お店公式HP:https://fuglen-asakusa.business.site/

-オールドレンズ, カフェ・喫茶, モーニング, 東京都
-, , , , ,

© 2022 yamaneco79 Powered by AFFINGER5