【池袋】若大将まつしま

350円均一!昭和の表情が覗く大衆系は、昼飲みスポットとしても有用

振替休日を利用して昼飲みに。相変わらずの昭和感に、心は落ち着くばかりです。 あまりに外観で判断しすぎてしまうと、 得が逃げてしまうかもしれません。 知らないと入りにくいかもしれないのですが、気さくに迎え入れていただける1軒です。

こちらの1番の特徴は、「価格設定」と言って良いように思います。 料理も、ドリンクも、そのお値段は一品あたり税込350円也。故に、5品なら1,750円ですし、 10品なら3,500円。 そして、60品なら21,000円です!(笑)壁に貼られた料金表もさりげなくありがたいです。

では、一品350円でオーダーを。いただきます!

  • ハイボール@350円

大きめジョッキに、口いっぱいに注がれて登場です。こういうの、うれしいですよねぇ〜。 そして、薄くないんです。ちなみに、レモンサワーなんかも同仕様だったりします。

  • まぐろブツ@350円

鮪御身はややスジっぽい部分なのですが、 冷やしすぎておらず、口当たりはねっとりきました。 らしい旨味はお値段相応という感じではありますが、まぁ350円ですからね。ありがたくいただきます。

  • ハムカツ(2コ)@350円

カリッと揚がった定番の品。 ハムは正直小ぶりではあるのですが、厚みでカバーしますかね。さりげなくマヨ&辛子付きです。

  • 特製にこみ@350円

塩分が強めにくる味付けです。 クタクタに煮えたモツは潤沢に。 鼻腔に向かって広がる香りには、 モツらしいクセを多分に忍ばせていました。 どことなく野性的です。

  • とんかつ@350円

スーパーなんかと同じ価格帯ですかね。衣の感じはもちろんハムカツとは異なり、こちらのほうがサクッときました。また、脂身の量は決して多くはありませんが、且つ、お肉本体に旨味が詰まっている訳ではないのですが、飲み屋で摘んでいる時間を素直に楽しむべしです。

ドリンク込みで5品と、ボクにしては思ったよりも食べ過ぎてしまったのですが、お会計は1,750円也。胃袋はめちゃ膨れたのですが、お財布へのインパクトは小さく済んでありがたしです。

ごちそうさまでした!

▼メニュー

おひとりさまにとっては、充分すぎるくらいでは無いでしょうか。こんなにバラエティーに富んでいたら。

ドリンク類はこんな感じです。よほどで無ければ、困らないのでは、と。

ありがたい料金表もあります。53品食べたら18,550円ってのも、これを見れば一目瞭然です!(笑)メニューの種類はそこまで無いと思いますけど…(笑)

▼シチュエーション

  • ソロで昼飲み
  • 平日15:44頃に訪問
  • 待ち時時間ゼロで、壁と対峙するカウンターへ

▼アドレス

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目26−5

▼関連サイト

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13082038/

おすすめ記事