【江戸川橋】チャーハン一だけじゃない!レバニラ&餃子も一度お試しあれ!これぞ町中華│新雅

江戸川橋から徒歩で5分弱くらいでしょうか。裏通りの住宅街に突如現れる、赤い看板。その下には待ち人の列。

中華料理 『新雅』さん ──

今回はお財布にやさしく、がっつりメシを食わしてもらえる、こちらの町中華をご紹介します。

筆者が訪問したのは平日のお昼。ピークと思われる時間帯は一応ズラしたつもり(13:15頃に訪問)だったのですが、、列の最後尾に並んだ時点で10番目。。

また、食事を済ませてお店を出たときにも、まだ列が。お昼の閉店間際まで待ち人多し!

時間に余裕を持って訪問されることをオススメします。

メニュー

席についたら、オーダーです。1番人気はおそらく【チャーハン】。オーダーされる方がかなり多かったように思います。

素直にチャーハンでも良かったのですが、筆者的にはどうしても【レバニラ】&【餃子】な気分…。

チャーハンは次回オジャマする際の課題メニューとして、今回は欲求のままにオーダーすることにしました。

いただいたもの

餃子@税込500円

まずは餃子の登場です。1人前は6個。大きすぎず、小さすぎずで、個人的に丁度いいサイズ感だ、と。

食欲をそそる皮の焼き色。その色艶の良さに、香ばしさも比例します。

ミチィッと音を立ててくれるパフォーマンスが良き。そして、餡と自然に交わる・絡む感じは申し分ありませんね。

ひっくり返してみると、ヒダは多めと言って良いでしょうか。油に負け、ボロボロと壊れないのは好印象です。

なお、餡はオーソドックスな構成。ほどよい甘味に、ニラのアクセントが良きかな、と。これぞ中華屋の餃子!と、そんな印象を持った次第です。

いいですね〜

レバニラ炒め@税込800円

餃子をつまんでいると、まもなくして「はい、レバニラお待たせしました〜!」と。湯気を立ち上らせての登場です。

シャキシャキとしたモヤシの食感が、とにかく気持ち良くありました。

「そう、やっぱそうこなくっちゃね!」と。

そして、その心地良き食感に、レバ&ニラのクセが追いかけてきます。基本的に薄切りのレバは、食べやすいサイズにランダムカット。

また、食材たちが纏う油のコーティング具合、タレのしょっぱさなどもいい塩梅です。

いやぁ〜これはきっとライスにも、ビールにも合うかと。

いやぁ、ビール欲しかったぁ〜〜

注)21年9月13日現在、酒類の提供はやられておりません。無念。。

なんとも居心地の良い中華料理店でした。

決して広いお店ではないんですが、厨房を望みながらず〜っとそこに居座りたくなってしまうような、そんな感覚を覚えました。

そして、厨房に立たれているおじいちゃんの笑顔が印象的。

物腰柔らかい「ありがとうございます」に、こちらも素直に頭が下がります。

どうか少しでも長くそこに立っていただきたいな、と。

ごちそうさまでした!(感謝)

お店情報

  • 営業時間  
    • 11:00-14:00、17:00-21:00
    • [土曜のみ]11:00-13:30、17:00-20:00
  • 定休日   水曜、日曜、祝日
  • 住所    〒112-0005 東京都文京区水道2丁目11−2
  • twitter   @suidousinga