【上野】ひろかつ│創作系やジビエが楽しい串かつ酒場。油やパン粉にもこだわり有!

管理人の推しポイント!

  • 昼飲みOK!そして、17:00までになりますが、生ビール&ハイボールが199円!
  • 揚げ油&パン粉にこだわりあり。揚げ油は、牛脂を使用。衣に使っているパン粉は、創業六十余年の老舗パン粉屋さんより。
  • 創作系の筆頭【デミ煮串かつ】は、牛と豚の共演が楽しい一皿でした。5種のジビエ串も要チェック!

→ お店情報 (営業時間やマップなど)

では、オジャマしてみましょう!

上野駅から徒歩でまもなく。神戸に本拠地を置く“串かつ酒場”が、ここアメ横にも在ります。創作系やジビエ系をはじめ、バリエーション豊富な串かつを楽しく頂けます。

ビルの階段を上がり、2階へ参りませう。

店内はこんな感じです。テーブル席が主体ではありますが、カウンターも少々。おひとり様もきっと気軽に入れると思います。

オーダーはタブレットで。店員さんとの会話が必要最小限になるので、コロナ対策にも良いのかなと。店内に消毒液もあるので、画面も拭き拭きできます。

肝心の“串かつ”についてなのですが、もちろんこだわりアリ。お店公式ホームページによると……揚げ油は、牛脂を使用。また、衣に使っているパン粉は、創業六十余年の老舗パン粉屋さんのものとのことです。

それでは、いただきます!

お通し@399円ハイボール@199円

お通しは、【おかわり自由のキャベツ&6種のソースのセット】になります。

また、ドリンクは【ハイボール】を。17時までになりますが、ビール生中&ハイボールが各々199円と、通常よりも100円引きで飲めます!ウィスキーは「ブラックニッカ クリア」でした。

ちなみに……6種のソースなのですが、以下になります。串かつは勿論、キャベツも色んな味で楽しめますよ。

  • にんにく味噌
  • カレー
  • タルタル
  • バジル
  • トマト
  • マンゴーチリ《オススメ!》

デミ煮串かつ(2本)@499円

牛すじ煮込みと、豚バラ串の共演。この組み合わせ・コラボレーションは個人的に新感覚でした。

カリッと揚がった衣がふやける感じが良パフォーマンスです。また、豚は割と端正だったのですが、牛の潤沢な脂のおかげで、味の幅・グラデーションが楽しくなります

ジビエ串@各299円

売り切れのものもあったので、2本。カンガルー(左緑)とイノシシ(右青)をいただくことに。

ジビエの串には“色が付いている”のですが、こんな感じで食材によって見分けが付くようになっています。

カンガルー

独特のクセ・香りは、軽めに。淡白な肉質で、思っていたよりも食べやすい一串でした。ソースは、主にカレーで。

イノシシ

カンガルーよりも、野性味溢れる香りが印象的でした。やはり淡白ではありましたが、繊維に沿ってスッと避けてくれます。ソースは、主にマンゴーチリで。

雲仙ハムカツ@499円

この厚み!!主役の「雲仙ハム」は、長崎からでしょうかね。分かりやすく厚みがありつつ、ホロッと壊れるような食感が口福を運んできます。甘味が強めなのも印象的です。お味は上々!

薄い衣のカリッとした食感も手伝って、最後までおいしくいただけました。アツアツのまま。

ごちそうさまでした!!

“揚げ物ラバー”な方にはオススメしたい1軒でございました。ジビエはややお値段張るかもしれませんが、オーダーのバランスを考えればそこまで気にならない感じではあるのかなと(個人的な感覚です)。

▼利用シチュエーション

  • ソロでランチ(昼飲み)
  • 平日12:26頃に訪問
  • 待ち時間ゼロで、カウンターへ

お店情報

  • 営業時間 12:00~24:00 ※2020年12月17日まで:22:00閉店
  • 定休日  ナシ
  • 住所   〒110-0005 東京都台東区上野6丁目13−3 白川ビル 2階
  • アクセス 京成上野駅 /JR上野駅 徒歩約3分
  • その他  詳細については、お店公式ホームページhttps://kushihirokatsu.com/)にてご確認ください

おすすめ記事