東京ドーム以北エリアの貴重な大衆系。“みゆきポーク”の炭火焼を、穏やかに楽しめる1軒

暖簾を見ていただければ一目瞭然なのですが、こちらの推しは豚肉。信州は「みゆきポーク」という品種を扱われており、炭火で炙る正統派な串モノはもちろんのこと、その他創作料理群を楽しめるのが、こちらの魅力になっています。

この夜は、9月2度目の訪問。 もちろん、おひとりさまでの利用です。 飲むというよりも、ガッツリメシを食らいたく。サク飲みでも、ガッツリ食いでも、そのニーズに答えてくれる故に、個人的に有用性高く感じています。

では、はじめますか……いただきます!

ホッピーセット(白)@400円

いつものようにカウンターに腰をおろし、開幕のドリンクを。まもなくして、お通しがやってきます。こちらでホッピーをオーダーすることが多いのは、価格も1つあるかと思います。ジャスト400円(税抜)は、個人的に嬉しい価格設定です。

お通し

今宵は、南瓜煮。ほっくりと。ビチャッと水っぽくなく、南瓜らしい食感と味わいに、品の良い甘さが乗ってきます。ちなみに、お通しでたまに【烏賊の塩辛】が出てくるのですが、これが結構いけるんですよね。

豚肉と空豆の辛子マヨネーズ和え@380円

脂身潤沢な(たぶん)豚バラ薄切りに、 ホクッとくる空豆の食感。 マヨに潜んだ辛味がアクセントになります。 ただ、それはあくまでも優しく。仄かにツンッとくるような。酒のつまみとして優秀でありました。

広島産カキフライ(3個)@660円

この時期に登場する牡蠣を。サクッと揚がった衣とのコントラストは上々です。 御身と衣のバランスが良かったな、と。 また、牡蠣本体の身の張りは上々で、 “らしい”香りも豊かでありました。垂らす中濃ソースはほどほどに。

帯広名物豚丼@800円

〆の炭水化物で、こちらをオーダーしました。この日の訪問は、ほぼこれが目当てです(笑)なお、こちらのメニューとしては割とお値段が張るほうにカテゴライズされますが、その見返りはしっかりあると思います。

炭火で炙られ香ばしさを覚醒させた豚バラは、花弁のように6枚。まったく別のお店でもお目にかかれるこんなビジュアルは、一種のトレンドなのでしょうか…。

とにかくそのビジュアルも去ることながら、芳ばしい香りに唆られます。やはり炭火がポイントですかね。また、お米はやや固めな炊き上がりで、 仄かに甘味を感じるタレを纏って、 良い塩梅でお肉に馴染みます。豚丼を構成する食材たちのバランスもよろしな一杯でした。ガツガツと掻き込むしかない…。

美味に感謝。ごちそうさまでした!

定期的に足が向いてしまうのは、味の好みによるところが大きいかもしれません。しかもリーズナブルときます。東京ドームあたりで何かイベントに参加された前後なんかに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

▼メニュー

こちらにオジャマしたら、まずは黒板をチェックですね。時期・季節による変化も楽しみです。
続いて、〆の炭水化物の皆さま。ちなみに、肉巻きおにぎりもなかなかいけます(次回は【ふわふわ玉子雑炊】かなぁ…)
アルコール類。この他、日本酒メニューもあります。

▼シチュエーション

  • ソロで夕食
  • 平日20:26頃に訪問
  • 待ち時間ゼロで、カウンターへ

▼アドレス

〒112-0002 東京都文京区小石川1丁目9−5

▼関連サイト

おすすめ記事